2017年4月にハリウッド版攻殻機動隊“ゴースト・イン・ザ・シェル”が公開!気になる公安9課のキャストは?

2017年4月にハリウッド版“ゴースト・イン・ザ・シェル(攻殻機動隊)”が公開されます。
熱狂的なファンの間では実写映画化の話題で持ちきりなわけですが、一部ではキャストに日本人が少ないことなどが物議を醸し出していますね。攻殻機動隊を知っている人も、知らなかった人も気になるのが主人公の“少佐”含め、物語の軸である公安9課のメンバーは誰が演じるのか?ではないでしょうか。

 

そもそも攻殻機動隊って?

もともとは士郎正宗氏による漫画作品であり、初出はなんと1989年(!)に“ヤングマガジン海賊版”に掲載された漫画がすべての原点となっています。押井守など様々な監督によってアニメ化もされており、独特の魅力的な世界観やキャラクターが日本国内に限らず海外でも根強いファンを増やし続けるモンスター作品です。スティーブン・スピルバーグは『「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」は私のお気に入りの作品だ』との賛辞を贈っています。

現在(2017年2月)までに公開された劇場版アニメ作品

・GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊(1995年公開、監督 押井守)
・イノセンス(1995年公開、監督 押井守)
・GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0(2008年公開、監督 押井守)
・攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D(2011年公開、監督 神山健治)
・攻殻機動隊 ARISE(2013年公開、総監督 黄瀬和哉)
・攻殻機動隊 新劇場版(2015年公開、総監督 黄瀬和哉)

TVアニメ作品

・攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
・攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
・攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
・攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE

 

舞台は高度に発達した科学技術のもと、生身の人間・電脳化(脳とコンピューターネットワークを直接接続すること)した人間・サイボーグなどが混在する社会の日本。内務省直属の独立防諜部隊“公安9課(通称:攻殻機動隊)”を中心に物語が進んでいきます。攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(以下 攻殻SAC)では「あらゆるネットが眼根を巡らせ、光や電子となった意思をある一方向に向かわせたとしても“孤人”が複合体としての“個”になる程には情報化されていない時代…」となっています。4月に公開される映画“ゴースト・イン・ザ・シェル”では世界観の詳報は無いものの(2017年2月時点)トレーラーを観る限り、踏襲された世界観になるのではと思われます。
 

日×米“攻殻”の世界をつなぐ公安9課のキャスト!

※各作品で多少の差異があり、説明の一部は攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXを基とする。

 
草薙素子(くさなぎもとこ)/少佐
公安9課の中心的存在、通称“少佐”。いかなる場面でも冷静沈着で、他のメンバーに的確な指示を与える。全身を義体化(サイボーグ化)した女性型サイボーグ。

ハリウッド版“ゴースト・イン・ザ・シェル”では役名が草薙素子ではなく、“少佐”となっている。主演はスカーレット・ヨハンソン。東京都内で行われたエクスクルーシブイベントでは、オファーを受けるまでは“攻殻機動隊”を知らなかったそうで、「最初にアニメを観たときはかなり恐ろしいものだと感じました。哲学的ですし、実写化したときに私がどう貢献できるかわからなかった。でもすごく魅力を感じました(コミックナタリー:「実写版「攻殻」スカヨハ&ビートたけしが互いを賞賛、同時にトレーラーも解禁」より引用)と語っています。


バトー
男っぷりがよく、感情豊かでひょうきんさも併せ持つ。9課以前は陸自レンジャー課に所属し、海外での戦闘経験もある男性型サイボーグ。同課のトグサとは口論や軽口もするが仲が良い。


ハリウッド版ではデンマーク人の俳優ピルウ・アスベックがバトーを演じる。出演作はLUCY(2014)のリチャード役、Game of thrones(2016~)のユーロン・グレイジョイ役など。


荒巻大輔(あらまきだいすけ)
公安9課 課長、元陸自情報部所属。政治的な智謀に長け、出身である陸自とは太いパイプを持つ。実直な性格で課員からの信頼も厚い。

ハリウッド版は北野武が演じる。監督のルパード・サンダースは、荒巻を演じるのは北野以外考えられないと思っていたそうで、「世界中を追いかけてやっと捕まえることができた」とのこと。なんと、撮影中にはスカーレット・ヨハンソンが北野用のカンペをもっていたというエピソードも。


トグサ
元は警視庁の刑事だったが、草薙に引き抜かれ9課に所属することになる。正義感が強く家族想いで、バトーとよくコンビを組んでいる。9課では生身の人間に一番近い。


ハリウッド版はチン・ハンが演じる。主な出演作はインデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016)、キャプテンアメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014)、ダーク・ナイト(2008)など。


イシカワ
情報収集をメインとして行うプロフェッショナル。草薙とは付き合いが長く、信頼されている。


ハリウッド版はオーストラリア人のLasarus Ratuereが演じる。主な出演作はThe Mule(2014)など。


サイトー
狙撃のプロフェッショナル。左目が義眼になっており、狙撃時には人口衛星とリンクして情報を得る。


ハリウッド版はオーストラリアを拠点とする京都府出身の俳優、泉原豊が演じる。主な出演作はウルヴァリン:SAMURAI(2013)、レイルウェイ 運命の旅路(2013)、ザ・パシフィック(2010)など海外の作品が多い。


ボーマ
ボーマ(右)は情報収集のプロフェッショナルで、イシカワと共に任務にあたる。爆発物に詳しく、外での活動ではパズ(左)と共に行動をすることが多い。


ハリウッド版のボーマはニュージーランドの若手俳優Tawanda Manyimoが演じる。

 

いかがでしたでしょうか?異論反論がある方もいるかもしれません、しかしそこはハリウッド版!実写化!ということで、新しい攻殻として割り切ってみると楽しめるのではと思います。攻殻を4月のハリウッド版から見ようという方は、以前の作品群もチェックすることをオススメします!
いったいどのようなストーリーになるのか、他にどのようなキャラクターが出てくるのか、期待は尽きませんがぜひとも映画館で鑑賞したいものですね!

 

ひとあし早く鑑賞したい方は試写会に応募しよう!

講談社が大規模な試写会『ゴースト・イン・ザ・シェル』 講談社28誌 連合試写会を開催しています。誰よりも早く観たい!楽しみたい!という方は応募してみてはいかがでしょうか?※3月14日(火)締切
『ゴースト・イン・ザ・シェル』 講談社28誌 連合試写会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です